万華鏡

(二進法と十六進法の換算)
二進法

ヨーロッパで二進法が開発され、
コンピューター言語の基礎がつくられて、 現代文明の基盤が築き上げられました。
哲学者ライプニッツが八卦をヒントに発明したという話がありますが、 陰陽を基準に物事を占う易学に通じるものがないとは言い切れません。
このように単純にイエスかノーかで答えを選択するのは パソコンという機械にプログラムするのに最適な方法でした。
1か0ですべてを表示させると非常に長い記述になりますが、 そこは光の速さで計算するパソコンにとっては一向に苦なりません。